神戸三宮・芦屋・大阪のイタリアブランド専門のセレクトショップ|ウツボストック

イタリアブランド

JACOB COHEN イタリアブランド コラム

JACOB COHEN | イタリアブランド

更新日:

JACOB COHEN/ヤコブコーエン

ヤコブコーエンは、1985年にタト・バルデッレ(Tato Bardelle)がイタリア・パドヴァで創業したブランドです。

「スラックスのように快適でエレガントで毎日穿きたくなるようなジーンズ」を目指して仕立てられています。

日本のデニム生地を使用し、Made In Italyでテーラードジーンズを作ることをブランドコンセプトにしています。

JACOB COHENはこちら

細部までとことん拘ったジーンズ

生地はデニムの産地として世界的にも有名な岡山から調達し、イタリアのテーラー技術で生産されています。

フロントポケットの袋布(スレーキ)は無地ではなく、個性的なプリントが特徴的です。
柄はモデルごとに違い、そのジーンズのデザインにあったものを使用しています。

ウエスト内側にある「Go to bed with a dream Wake up with a purpose」夢と共に眠りにつき、目的と共に目覚めよ、という刺繍によるメッセージもエレガントな遊び心を感じさせます。

リベットやボタンはイタリア国内のイタリアンジュエリーから発注していたり、デニムの顔ともいわれるパッチには高級革のハラコを使用していたりと、他ブランドとは一線を画すデザインがおしゃれ心をわし掴みにします。

見て感動し、履いて納得

ヤコブコーエンのジーンズは、ストレッチデニムにありがちな生地の劣化による伸びがほとんど無いと評判が高く、競泳用水着などにも採用されるエラストマルチエステルを混紡しています。

エラストマルチエステルという素材は、ストレッチデニム生地をさらに進化させた驚くほどの伸縮性を実現するとともに経年劣化による型崩れや色の変化を防いでいます。

男の魅力を引き立てる上品な香り

ジーンズ自体の作りのみにとどまらず、ヤコブコーエンのジーンズは香りまでもがデザインされています。

工場の生産段階でパチョリというハーブのフレグランスを浸み込ませることで、香りだけでそれとわかるようにブランドイメージを構築しています。

モデルの違い

 

リーバイスと同じように、ヤコブコーエンにも色々なモデルがあります。

定番は「622」と「688」の2つのモデル。

 

共通しているデザインは、膝下から裾先に向かって先細になっていくテーパード型ということ。

違いはローライズかどうかです。

622の方が、688よりも股上が1.5~2.0cmほど短いです。

 

定番モデル以外に、「620」というモデルもあります。

テーパード的なデザインの622と688とは違い、スラックスのように膝下がストレートです。

 

622ほどではないのですが、688よりも股上が浅く作られています。

また、太ももが細く仕上げられているのも特徴です。

 

 

 

「696」は、ミニマルなデザインで、余計なものがそぎ落とされています。

622よりも幅が1cm細くなっているのですが、ストレッチ素材で作られています。

そのために伸縮性があり、履き心地が良いです。

 

「613」は、622のデザインをベースにしつつも、スラントポケットにするなど工夫が施されています。

「NICH」も622のデザインをベースにしつつも、股上を5mm深くしたり、裾幅を5mm広くしたワイドなタイプです。

他には初期モデルで、ストレートタイプな「610」があります。

 

 

また、モデル番号には数字とあわせてアルファベットが表記されている場合があります。

「J」は、スタンダードモデルという意味です。

「PW」は、Preview(プレビュー)の略称で、スタンダードモデルについている付属品などを省くことで、お求めやすい価格に抑えられたモデルです。

いわゆる廉価版ですが、付属品などが付いていないだけで、商品そのものに問題があるわけではありません。

 

「COMFORT」は、ストレッチ素材を用いた商品のことで。

「VINTAGE」は洗い加工がされているタイプです。

 

-JACOB COHEN, イタリアブランド, コラム

Copyright© イタリアブランド , 2019 All Rights Reserved.