ウツボストック

シーズン
アイテム
サイズ

(clothes)

(shoes)

21AWカジュアルコーデ特集

大人のカジュアルスタイル。
自分にとっての個性=スタイルを大切に、目の前の光景に相応しい装いを判断し、時代の流れを読み取りながら、
日々自分らしい着こなしを積み重ねていく、、、
時に失敗することがあったり、悩むことがあったり、そんな経験が洋服のことをもっと好きにしてくれる、興味を湧かせてくれる。
100%の正解がないからこそ面白い洋服は、自分の感性を磨き、自分を表現することができる"魔法"が掛かっています。

0 1

ほんのり甘さもありながら男らしさも感じるカジュアルコーデ。
今回使用しているニットは、色鮮やかなピンクが苦手という方でもチャレンジしてもらいやすい色合いです。しっかりと差し色として活躍してくれることはもちろん、春先まで着ることができる息の長さも魅力的。
キメが細かいスエードと上質なコットンが合わさったELEVENTYのブルゾンと合わせて、ボトムスから足元にかけて品良く仕上げれば"ピンク"の差し色効果も絶大なものとなります。

☆女性スタッフの一言
スエードとスエットのコンビ素材のブルゾンが品があり何とも素敵です。更にピンクのニットを入れることで明るく華やかな印象に。
春まで使えるコーディネートが嬉しいですね!
0 2

大人が着こなせるカジュアルなモノトーンコーデ。
パンツの色合いに変化を加えながら、ベルトで少し遊ぶことでシンプルに寄せ過ぎていないところがポイント。
スニーカーも程よく遊びを効かせながら、定番カラーとして使っていただける"使いやすさ"が備わっているのが魅力的。いつものスタイルに取り入れやすく、どんな着こなしにも合わせやすい一足です。
小物は気候に合わせて調節できる上、様々なアイテムと合わせやすいカラー、デザインなのでこちらも重宝すること間違いありません。
今回のコーディネートから、様々なスタイリングに派生できるといった可能性を感じさせてくれるアイテムばかりがラインナップしております。

☆女性スタッフの一言
クールになりがちなモノトーンコーデもデザイン性のある小物で遊びを足すとカジュアルさが出て取り入れやすくなりますね。
柄物や色物に苦手意識がある方は、是非小物からチャレンジしてみて下さい♪
0 3

コートをバサッと羽織ってパーカーをグラデーションに、、、
パンツは難しく考え過ぎず、オフホワイト、デニムといったチャレンジしていただきやすく、カジュアルにハマるモノを合わせればOK。
特に今回使用したオフホワイトのパンツは、こういった個性的なアイテムも程良く柔らかくなり、全体を整えてくれるので非常に優秀です。
合わないアイテムがないのではないか、そんな風に思わせてくれる万能パンツですので、是非ワードローブに加えてみてください。

☆女性スタッフの一言
よく見るとペイズリー柄が施された上質で格好良いコートはさすがETRO。中に合わせたデザイン性のあるブルゾンやオレンジニットとも喧嘩するどころか不思議とマッチして更に魅力が増していますね。その分パンツはすっきり軽やかに。
0 4

冬のドライブも快適に過ごせそうなアクティブコーデ。
車内と屋内の往復といった休日の過ごし方にも適したスタイルでして、ダウンジャケットやコートはどうしても着脱が面倒だという方にもおすすめできます。
スポーティな要素が強い分、カジュアルになり過ぎるといった大人ならではの心配事もBRUNELLO CUCINELLIのダウンベストでしたらスマートに解決。大人らしく上品さをプラスしたカジュアルコーデが完成します。

☆女性スタッフの一言
スポーティな大人の休日コーデ。BRUNELLO CUCINELLIのスエードダウンベストであれば、品もありタウン仕様としても格好良くキマります。
足元もトップスと色を合わせたスニーカーですっきりと軽やかに纏まっていますね。
0 5

ハードなライダースも、色と合わせるアイテム次第で都会的にキマります。
タートルネックのアーガイル柄も全面に敷き詰めていないところが、一風変わっていて目が惹かれるところ。
ウールパンツとベルジャンシューズを合わせると非常に品がある仕上がりになり、大人らしい組み合わせになっています。

☆女性スタッフの一言
ハードなレザーに抵抗のある方にも是非お試し頂きたい明るい色のライダース。カラフルなアーガイルやウールパンツと合わせると都会的な印象になりますね。
レザーを使ってもしっかりと柔らかい雰囲気を演出でき、デートにもおススメのコーディネートです。
0 6

デニムのカバーオールもボタンの留め方次第で雰囲気の違う着こなしに。
その日の気分や合わせるアイテムによってボタンの留める位置を変えるとまた違った印象になりますし、今の時期はダッフルコートなんかと合わせても雰囲気が良さそう。
タートルネックは敢えてタックインして着こなし、首や足首といった目立つ部分は白で統一して、俯瞰的に見た時にまとまりと抜け感を添えています。
今回のようなデザイン性のあるソックスも良いですが、潔く白一色でもスッキリきまると思います。

☆女性スタッフの一言
シャツメーカーが作り出したデニムのカバーオールは程よい大人のカジュアル感を演出してくれます。
しっかりストレッチが効いているのも嬉しいところ。カーゴパンツとも好相性です。
タートルやソックスの白で抜け感を出し、シューズでしっかり締めているのも好バランスの秘訣ですね。
0 7

鮮やかな赤ニットが覗く華やかで可愛げのあるコートスタイル。
冬の訪れを告げるかのような季節感溢れるデザインのニットを冷たい風でも優雅に靡くコートが覆います。
シャツの襟は敢えて無造作に、所謂"ラフさ"を出してもこなれ感が出てサマになりそう。全体のメリハリも付いているので、着こなしのちょっとしたテクニックを付け足すことで、より一層カジュアルな装いを心から楽しめるコーディネートになっています。

☆女性スタッフの一言
綺麗目に整えても素敵なコートを敢えてカジュアル仕様に。
セーターやソックスの赤をしっかり効かせ、その分色数を抑えているので大人感は損なわず格好良く纏まっています。季節感を楽しめるコーディネートが好印象です♪

最後に

2021年最後となるコラム、21AWカジュアルコーデ特集いかがでしたか。
コーディネートを通してはもちろん、単体のアイテムだけ見ても様々な装いに落とし込めるものがたくさんあります。
きっとあなたのワードローブに似合うアイテムがあるはずですので、是非気になったものを一度手に取ってみてください。残り僅かとなった、2021年の最後のお買い物の参考になれば幸いです。

ARCHIVE

21AWカジュアルコーデ特集

大人のカジュアルスタイル。
自分にとっての個性=スタイルを大切に、目の前の光景に相応しい装いを判断し、時代の流れを読み取りながら、
日々自分らしい着こなしを積み重ねていく、、、
時に失敗することがあったり、悩むことがあったり、そんな経験が洋服のことをもっと好きにしてくれる、興味を湧かせてくれる。
100%の正解がないからこそ面白い洋服は、自分の感性を磨き、自分を表現することができる"魔法"が掛かっています。

0 1

ほんのり甘さもありながら男らしさも感じるカジュアルコーデ。
今回使用しているニットは、色鮮やかなピンクが苦手という方でもチャレンジしてもらいやすい色合いです。しっかりと差し色として活躍してくれることはもちろん、春先まで着ることができる息の長さも魅力的。
キメが細かいスエードと上質なコットンが合わさったELEVENTYのブルゾンと合わせて、ボトムスから足元にかけて品良く仕上げれば"ピンク"の差し色効果も絶大なものとなります。

☆女性スタッフの一言
スエードとスエットのコンビ素材のブルゾンが品があり何とも素敵です。更にピンクのニットを入れることで明るく華やかな印象に。
春まで使えるコーディネートが嬉しいですね!
0 2

大人が着こなせるカジュアルなモノトーンコーデ。
パンツの色合いに変化を加えながら、ベルトで少し遊ぶことでシンプルに寄せ過ぎていないところがポイント。
スニーカーも程よく遊びを効かせながら、定番カラーとして使っていただける"使いやすさ"が備わっているのが魅力的。いつものスタイルに取り入れやすく、どんな着こなしにも合わせやすい一足です。
小物は気候に合わせて調節できる上、様々なアイテムと合わせやすいカラー、デザインなのでこちらも重宝すること間違いありません。
今回のコーディネートから、様々なスタイリングに派生できるといった可能性を感じさせてくれるアイテムばかりがラインナップしております。

☆女性スタッフの一言
クールになりがちなモノトーンコーデもデザイン性のある小物で遊びを足すとカジュアルさが出て取り入れやすくなりますね。
柄物や色物に苦手意識がある方は、是非小物からチャレンジしてみて下さい♪
0 3

コートをバサッと羽織ってパーカーをグラデーションに、、、
パンツは難しく考え過ぎず、オフホワイト、デニムといったチャレンジしていただきやすく、カジュアルにハマるモノを合わせればOK。
特に今回使用したオフホワイトのパンツは、こういった個性的なアイテムも程良く柔らかくなり、全体を整えてくれるので非常に優秀です。
合わないアイテムがないのではないか、そんな風に思わせてくれる万能パンツですので、是非ワードローブに加えてみてください。

☆女性スタッフの一言
よく見るとペイズリー柄が施された上質で格好良いコートはさすがETRO。中に合わせたデザイン性のあるブルゾンやオレンジニットとも喧嘩するどころか不思議とマッチして更に魅力が増していますね。その分パンツはすっきり軽やかに。
0 4

冬のドライブも快適に過ごせそうなアクティブコーデ。
車内と屋内の往復といった休日の過ごし方にも適したスタイルでして、ダウンジャケットやコートはどうしても着脱が面倒だという方にもおすすめできます。
スポーティな要素が強い分、カジュアルになり過ぎるといった大人ならではの心配事もBRUNELLO CUCINELLIのダウンベストでしたらスマートに解決。大人らしく上品さをプラスしたカジュアルコーデが完成します。

☆女性スタッフの一言
スポーティな大人の休日コーデ。BRUNELLO CUCINELLIのスエードダウンベストであれば、品もありタウン仕様としても格好良くキマります。
足元もトップスと色を合わせたスニーカーですっきりと軽やかに纏まっていますね。
0 5

ハードなライダースも、色と合わせるアイテム次第で都会的にキマります。
タートルネックのアーガイル柄も全面に敷き詰めていないところが、一風変わっていて目が惹かれるところ。
ウールパンツとベルジャンシューズを合わせると非常に品がある仕上がりになり、大人らしい組み合わせになっています。

☆女性スタッフの一言
ハードなレザーに抵抗のある方にも是非お試し頂きたい明るい色のライダース。カラフルなアーガイルやウールパンツと合わせると都会的な印象になりますね。
レザーを使ってもしっかりと柔らかい雰囲気を演出でき、デートにもおススメのコーディネートです。
0 6

デニムのカバーオールもボタンの留め方次第で雰囲気の違う着こなしに。
その日の気分や合わせるアイテムによってボタンの留める位置を変えるとまた違った印象になりますし、今の時期はダッフルコートなんかと合わせても雰囲気が良さそう。
タートルネックは敢えてタックインして着こなし、首や足首といった目立つ部分は白で統一して、俯瞰的に見た時にまとまりと抜け感を添えています。
今回のようなデザイン性のあるソックスも良いですが、潔く白一色でもスッキリきまると思います。

☆女性スタッフの一言
シャツメーカーが作り出したデニムのカバーオールは程よい大人のカジュアル感を演出してくれます。
しっかりストレッチが効いているのも嬉しいところ。カーゴパンツとも好相性です。
タートルやソックスの白で抜け感を出し、シューズでしっかり締めているのも好バランスの秘訣ですね。
0 7

鮮やかな赤ニットが覗く華やかで可愛げのあるコートスタイル。
冬の訪れを告げるかのような季節感溢れるデザインのニットを冷たい風でも優雅に靡くコートが覆います。
シャツの襟は敢えて無造作に、所謂"ラフさ"を出してもこなれ感が出てサマになりそう。全体のメリハリも付いているので、着こなしのちょっとしたテクニックを付け足すことで、より一層カジュアルな装いを心から楽しめるコーディネートになっています。

☆女性スタッフの一言
綺麗目に整えても素敵なコートを敢えてカジュアル仕様に。
セーターやソックスの赤をしっかり効かせ、その分色数を抑えているので大人感は損なわず格好良く纏まっています。季節感を楽しめるコーディネートが好印象です♪

最後に

2021年最後となるコラム、21AWカジュアルコーデ特集いかがでしたか。
コーディネートを通してはもちろん、単体のアイテムだけ見ても様々な装いに落とし込めるものがたくさんあります。
きっとあなたのワードローブに似合うアイテムがあるはずですので、是非気になったものを一度手に取ってみてください。残り僅かとなった、2021年の最後のお買い物の参考になれば幸いです。

ARCHIVE

21AWカジュアルコーデ特集

大人のカジュアルスタイル。
自分にとっての個性=スタイルを大切に、目の前の光景に相応しい装いを判断し、時代の流れを読み取りながら、
日々自分らしい着こなしを積み重ねていく、、、
時に失敗することがあったり、悩むことがあったり、そんな経験が洋服のことをもっと好きにしてくれる、興味を湧かせてくれる。
100%の正解がないからこそ面白い洋服は、自分の感性を磨き、自分を表現することができる"魔法"が掛かっています。

0 1

ほんのり甘さもありながら男らしさも感じるカジュアルコーデ。
今回使用しているニットは、色鮮やかなピンクが苦手という方でもチャレンジしてもらいやすい色合いです。しっかりと差し色として活躍してくれることはもちろん、春先まで着ることができる息の長さも魅力的。
キメが細かいスエードと上質なコットンが合わさったELEVENTYのブルゾンと合わせて、ボトムスから足元にかけて品良く仕上げれば"ピンク"の差し色効果も絶大なものとなります。

☆女性スタッフの一言
スエードとスエットのコンビ素材のブルゾンが品があり何とも素敵です。更にピンクのニットを入れることで明るく華やかな印象に。
春まで使えるコーディネートが嬉しいですね!
0 2

大人が着こなせるカジュアルなモノトーンコーデ。
パンツの色合いに変化を加えながら、ベルトで少し遊ぶことでシンプルに寄せ過ぎていないところがポイント。
スニーカーも程よく遊びを効かせながら、定番カラーとして使っていただける"使いやすさ"が備わっているのが魅力的。いつものスタイルに取り入れやすく、どんな着こなしにも合わせやすい一足です。
小物は気候に合わせて調節できる上、様々なアイテムと合わせやすいカラー、デザインなのでこちらも重宝すること間違いありません。
今回のコーディネートから、様々なスタイリングに派生できるといった可能性を感じさせてくれるアイテムばかりがラインナップしております。

☆女性スタッフの一言
クールになりがちなモノトーンコーデもデザイン性のある小物で遊びを足すとカジュアルさが出て取り入れやすくなりますね。
柄物や色物に苦手意識がある方は、是非小物からチャレンジしてみて下さい♪
0 3

コートをバサッと羽織ってパーカーをグラデーションに、、、
パンツは難しく考え過ぎず、オフホワイト、デニムといったチャレンジしていただきやすく、カジュアルにハマるモノを合わせればOK。
特に今回使用したオフホワイトのパンツは、こういった個性的なアイテムも程良く柔らかくなり、全体を整えてくれるので非常に優秀です。
合わないアイテムがないのではないか、そんな風に思わせてくれる万能パンツですので、是非ワードローブに加えてみてください。

☆女性スタッフの一言
よく見るとペイズリー柄が施された上質で格好良いコートはさすがETRO。中に合わせたデザイン性のあるブルゾンやオレンジニットとも喧嘩するどころか不思議とマッチして更に魅力が増していますね。その分パンツはすっきり軽やかに。
0 4

冬のドライブも快適に過ごせそうなアクティブコーデ。
車内と屋内の往復といった休日の過ごし方にも適したスタイルでして、ダウンジャケットやコートはどうしても着脱が面倒だという方にもおすすめできます。
スポーティな要素が強い分、カジュアルになり過ぎるといった大人ならではの心配事もBRUNELLO CUCINELLIのダウンベストでしたらスマートに解決。大人らしく上品さをプラスしたカジュアルコーデが完成します。

☆女性スタッフの一言
スポーティな大人の休日コーデ。BRUNELLO CUCINELLIのスエードダウンベストであれば、品もありタウン仕様としても格好良くキマります。
足元もトップスと色を合わせたスニーカーですっきりと軽やかに纏まっていますね。
0 5

ハードなライダースも、色と合わせるアイテム次第で都会的にキマります。
タートルネックのアーガイル柄も全面に敷き詰めていないところが、一風変わっていて目が惹かれるところ。
ウールパンツとベルジャンシューズを合わせると非常に品がある仕上がりになり、大人らしい組み合わせになっています。

☆女性スタッフの一言
ハードなレザーに抵抗のある方にも是非お試し頂きたい明るい色のライダース。カラフルなアーガイルやウールパンツと合わせると都会的な印象になりますね。
レザーを使ってもしっかりと柔らかい雰囲気を演出でき、デートにもおススメのコーディネートです。
0 6

デニムのカバーオールもボタンの留め方次第で雰囲気の違う着こなしに。
その日の気分や合わせるアイテムによってボタンの留める位置を変えるとまた違った印象になりますし、今の時期はダッフルコートなんかと合わせても雰囲気が良さそう。
タートルネックは敢えてタックインして着こなし、首や足首といった目立つ部分は白で統一して、俯瞰的に見た時にまとまりと抜け感を添えています。
今回のようなデザイン性のあるソックスも良いですが、潔く白一色でもスッキリきまると思います。

☆女性スタッフの一言
シャツメーカーが作り出したデニムのカバーオールは程よい大人のカジュアル感を演出してくれます。
しっかりストレッチが効いているのも嬉しいところ。カーゴパンツとも好相性です。
タートルやソックスの白で抜け感を出し、シューズでしっかり締めているのも好バランスの秘訣ですね。
0 7

鮮やかな赤ニットが覗く華やかで可愛げのあるコートスタイル。
冬の訪れを告げるかのような季節感溢れるデザインのニットを冷たい風でも優雅に靡くコートが覆います。
シャツの襟は敢えて無造作に、所謂"ラフさ"を出してもこなれ感が出てサマになりそう。全体のメリハリも付いているので、着こなしのちょっとしたテクニックを付け足すことで、より一層カジュアルな装いを心から楽しめるコーディネートになっています。

☆女性スタッフの一言
綺麗目に整えても素敵なコートを敢えてカジュアル仕様に。
セーターやソックスの赤をしっかり効かせ、その分色数を抑えているので大人感は損なわず格好良く纏まっています。季節感を楽しめるコーディネートが好印象です♪

最後に

2021年最後となるコラム、21AWカジュアルコーデ特集いかがでしたか。
コーディネートを通してはもちろん、単体のアイテムだけ見ても様々な装いに落とし込めるものがたくさんあります。
きっとあなたのワードローブに似合うアイテムがあるはずですので、是非気になったものを一度手に取ってみてください。残り僅かとなった、2021年の最後のお買い物の参考になれば幸いです。

ARCHIVE